忍者ブログ
2010.03.19
[ - ]
せっかくの和訳だけど解りづらいんだよナ~
って、少なからず思うのが
『彼/彼ら』 の多用。

原文でそうなってるとはいえ。

たとえば
 が言うには、「にとって彼らの訪問は喜びだった」 そうだ。
で、3つぜんぶ違う人物だったりは、ザラ。

きちんとした文章ならば話の前後でどれが誰だか判るけど
話が途中で飛んだり戻ったりしがちなインタビュー等で多用されると
えっ ソレ誰のこと言ってんの?! って
随所でイラッと。


文中の 『彼/彼ら』 の登場頻度で
あ~~このネタって元は英文だなw って判る時、あるよぬ。
元が英文だというのが全く判らない翻訳こそ、バイリンゲスト。(造語

つーわけで、『彼/彼ら』 を使うのって、最小限に留めてほしい。
訳したのをよく見て 考えてほしい。
日本語としてありえねーレベルではないかと。

もったいない‥‥


一方ワタシは、英語は(も)白痴なので和訳は出来ないけど
いかにも和訳くさい文など、日本語を日本語らしく “翻訳” するのは
結構スキ♪

永年にわたって上司の難解な 『思いつき文』 を校正してたせい…
PR

<<キャピかなぁ | HOME |ゆかりの地ツアー pt.2>>
<<キャピかなぁ | HOME |ゆかりの地ツアー pt.2>>

忍者ブログ [PR]