忍者ブログ
Admin / Write / Res
♪ 9割がた クローズしております ♪
<< 10   2017/11   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30     12 >>
[7133]  [7132]  [7131]  [7129]  [7128]  [7127]  [7126]  [7125]  [7124]  [7123]  [7122
マイケルを通して知る、自閉症の心理学



心理カウンセラー・宮本氏によるコラムが目に留まりましたので、ご紹介emoji
もしお読みになるなら、ラストまできっちり読まないと曲解しそうゆえ 完読必須でemoji
(※60行ほどで長くない文章です)

【マイケル・ジャクソンという人物を通して知る、自閉症の心理学】
~その感性が人を惹き付ける~
2015-03-22/ 京都カウンセリングラウンジ 宮本章太郎氏


くりかえし注釈されているように、
「マイケルが自閉症だ」 と講釈されているわけではありません。

私の勝手な解釈では
マイケル・ジャクソンという最も解りやすい媒体を用い、
「マイケルの中に見る 色濃い自閉的要素」 を語ることにより
自閉症に対する "特殊視" のフィルターを取り除くことが主目的でしょうから。


"有名人" と "誰の中にも大なり小なりある自閉的特徴" について記述したコラムを
以前にも書かれているので、そちらも合わせて読まれるとアレかと。

【自閉症の事をいつ知るか?今でしょ!】
~あの有名人たちも実は自閉症だった~
http://mbp-kyoto.com/kyotocl/column/8536/


マイケルに話を戻して‥‥


ある程度の年代以上がよく言ってたのが、宮本氏もお書きのように
「言動が昔の印象と晩年の印象があまりにも違い過ぎて繋がらない」。

しかし氏は、心理学を学んでいく過程で
マイケルに対する印象が
「変人」→「あまりにも純粋すぎた人」 へと変わったそう。


最終的に良く思われたというのは非常にうれしい事けれど、
ぶっちゃけ うす暗い気持ちにも‥‥


永いことずーっと切れ間なく見てきている身としては
徐々に変化があった事はわかるけど、「繋がらない」というのがわからない。
基本的にマイケルは変わらないのに。
変わっていったのは、「マイケルは変わった」 と語る人。

マイケルは、いきなりチャリティーに目覚めたわけではない。
マイケルにとって、チャリティーもエンターテインメントも同じものだったのでは?

幼少期、近所の子たちを集め おこづかい全部はたいた大量のキャンディーをふるまい
自分は1つも食べず その円陣の中でニコニコ見ていた (※ジョー父本&自叙伝本) という頃から
人々を笑顔にする事「自分の喜び」 だったのを、
ある時から 「使命」 に変えた。
マイケルが変わった事があるとすれば、それぐらいだったのでは?


なので、コラム内の

 華々しく活躍してた当初は、その純粋性を自分なりに必死に抑えてたわけですね。
 だってありのままの自分でいたら、人からおかしいと思われる事くらいわかってるから。

という記述には、最初 「あぁそうなのかな」 と思ったけど
やっぱりちょっと違う気がする‥‥

抑えていたわけではなく
ただ単に、外界(?)でそれを活用する手段を見い出せないでいたというだけでは?
それが "BAND AID" きっかけの "WE ARE THE WORLD" プロジェクトで
音楽とチャリティーとをビジネス的にリンクさせる手段を学び取れて、そこから‥‥
といった感じで。
(※それまでも、例えばVICツアー'84の個人報酬を全額寄付という事はヤッていたので念のため~)

人々に笑顔になってもらおうと、そのためにずっと奔走し続けていただけ。
幼少期から変わることなく。
ずっと‥‥



けど、このコラムはマイケル論などではなく
あくまでも自閉症への理解を深めるために書かれた散文。

その意味ではとても興味深いコラムとして読め、勉強になりました emoji


みんなでおべんきょうw
(2002年2月24日 ネバランにて)
PR
ブログ内検索
カウンター
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
2 3 4
5 6 7 8 9 11
12 13 14 16 17 18
19 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Copyright ©   * 戯 * All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]