忍者ブログ
2013.04.05
[ジャクソン系]
マイケルの "THRILLER" をはじめ、
2010年1月にはトラヴィス達から直々にドリルダンスのスキルも得た
フィリピン・セブ地方拘留更正施設(CPDRC)の受刑者たちをモデルとした映画が、
6月にフィリピンで封切られるそう。


<※映画からのショットではありません>

   


日本でもけっこう取り上げてたネタだし、
劇場公開はムリでも いずれどっかの局で放映しそう。 深夜ワクとかw




ドリルダンスといえば


昨朝、【ZIP!】@日テレの “ピンスポ” というコーナーで TII の映像が紹介されたそう。

最近注目されているアーティストのドキュメンタリー映画について、
映画評論家・有村(@MJファン)

 「光と影があって、影に興味があるから見に行く。
 一番大きいきっかけはマイケル・ジャクソンの 『THIS IS IT』 で、これをきっかけに日本のアーティストドキュメンタリーが変わった」


と語りのの。



ファン以外の多くの人々の心に響いたのはどうしてなんだか
ぶっちゃけ 未だにピンと来ない…


PR

<<とんねるずMJ ~ リチ男とタカーと作三と ~ | HOME |ヴィンス・パターソン氏のドキュメンタリー>>
<<とんねるずMJ ~ リチ男とタカーと作三と ~ | HOME |ヴィンス・パターソン氏のドキュメンタリー>>

忍者ブログ [PR]