忍者ブログ
Admin / Write / Res
♪ 9割がた クローズしております ♪
<< 10   2017/11   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30     12 >>
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
マイケルの公式Twitterが、2/6(現地時間)になるやいなや
OTWドキュメンタリーで行なったインタビューや資料映像でのコメントらしきものを、
OTWの "壁" にチョーク書き風の画像その他で ドトーのツイ。

てなわけで
貼られてた画像を、マイケル以外のはトリミング加工し(かさばるので)、ぺたぺたemoji

まずは マイケルのemoji







以下、順不同。

































英語力&時間があれば1つ1つ和訳したいとこだけど、
そんなクソ苦労せんくても どーせ1ヶ月後には字幕付きリリースだし (´∀`)


PR


日本国内盤は、あと1ヶ月ちょいか‥‥

まだまだ予約に動いたりしない~
トーゼン! 各所の特典をチェキってから~(´∀`)


無いとか言わねーよぬ? (回@チェーン



まずざっくりアレすると、

3/9(水)発売予定 (日本国内盤)
オフ・ザ・ウォール デラックス・エディション 完全生産限定盤
 ▼Blu-spec CD2(2015年デジタルリマスター)+ DVD or BD(OTWドキュ約94分・日本語字幕付)
 ▼16ページブックレット(新エッセイ&写真) ※海外盤インフォより
 ▼収録各曲解説 / 特別寄稿:西寺郷太,荘治虫×林剛 対談
 ▼クリアスリーブケース仕様 / チョークボード仕様4面ソフトパック+チョーク付
 ≪CD/BD≫  5,184円  タワレコHMVAmazon.JP
 ≪CD/DVD≫ 4,536円  タワレコHMVAmazon.JP


日本国内盤のみの特長は、

emoji CDが "Blu-spec CD2"仕様
emoji ドキュメンタリー映像は 日本語字幕付
emoji 特別寄稿のブックレットが別途アリ

 ◆高橋芳朗: 「収録各曲解説」
 ◆西寺郷太: 「マイケル・ジャクソンの旅:from モータウン to オフ・ザ・ウォール」
 ◆荘治虫×林剛 対談:
  「2016年の今、R&B史において“SPECIAL”な『オフ・ザ・ウォール』を聴くべき理由とは?」


OTWドキュメンタリーの公式インフォは、以下のとおり。
(多少の要約改変あり)


『マイケル・ジャクソンの旅:from モータウン to オフ・ザ・ウォール』
(約94分/日本語字幕付)
“MJ” がぼくの新しい名前だ。
もはや(ジャクソン5の)マイケル・ジャクソンじゃだめだ。全く新しいキャラクター,全く新しいルックス,完全に違う人間にならなきゃ。
“MJ” は、世界を驚かせるような秀でた新人俳優/シンガー/ダンサーであるべきなんだ。
 (1979年の直筆メモより)

 驚愕と感涙の最新ドキュメンタリー・フィルム(ノンフィクション映画)作品。
 マイケル10~23歳までの、様々なTV番組出演時やJ5/ジャクソンズのライヴツアーにおける超貴重なパフォーマンス映像,さらには秘蔵インタビュー映像などをふんだんに収録。
 “KING OP POP:エピソード0” を立体的に浮かび上がらせる。

≪収録内容の一部≫

■1969年10月18日 (マイケル11歳)
  Hollywood PalaceでのJ5 「I Want You Back」 パフォ映像
■1970年5月10日 (マイケル11歳)
  The Ed Sulivan ShowでのJ5 「ABC」 パフォ映像
■1970年12月30日 (マイケル12歳)
  J5ツアーより 「The Love You Save」 リハ&パフォ映像
■1973年3月27日 (マイケル14歳)
  第45回アカデミー授賞式 「ベン」 パフォ映像
■1973年10月27日 (マイケル15歳)
  Soul TrainでのJ5 「ダンシング・マシーン」 パフォ映像
■1976年6月16日 (マイケル17歳)
  モータウンからEPICへの移籍から3ヶ月後、地元エンシノでのインタビュー映像
■1976年9月24日 (マイケル18歳)
  モータウンからEPICへの移籍から半年後、AM Washingtonでのインタビュー映像
■1979年2月23日 (マイケル20歳)
  ジャクソンズ DESTINYツアーでの 「Ben」,「Blame It On The Boogie」,
  「Don't Stop 'Til You Get Enough」 パフォ映像
■1981年9月26日 (マイケル23歳)
  ジャクソンズ TRIUMPHツアーでの 「I Want You Back」,「Shake Your Body」,
  「Don't Stop 'Til You Get Enough」,「Rock With You」,「Off The Wall」,
  「Workin' Day And Night」,「She's Out Of My Life」 パフォ映像

初出の秘蔵オフショット映像/写真も満載。
インタビューには多くの重要人物が登場、貴重な証言が満載。

★登場人物 (抜粋)
 母キャサリン ,父ジョー ,四兄マーロン ,長兄ジャッキー ,
 L.A.リード ,スティーヴィー・ワンダー ,クインシー・ジョーンズ ,
 リー・ダニエルズ(映画監督/プロデューサー) ,ザ・ウィークエンド ,ファレル・ウィリアムス ,
 ミスティ・コープランド(バレエダンサー) ,コービー・ブライアント(NBAプレイヤー) ,
 マーク・ロンソン ,ジョン・レジェンド ,クエストラヴ 他





現地時間20日、米ABC 【Good Morning America】 に出演したスパイク・リー監督。
OTWドキュメンタリーに関するトークと、映像ちょこっとemoji




うち、特にフィーチャーすべき部分emoji
emoji


あーやっぱ 「買わない」っちゅー選択肢はナイなぁ。
場合によっちゃあ… なんてひそかに思ってたけどもw



3月リリース予定の 『オフ・ザ・ウォール:デラックス・エディション』を記念した
近年寄りなR&B教則本が、3月末に発売予定。

1から10まで 「マイケル本」ってんじゃなく
「R&B本にマイケルいっぱい引用されてる」風味が強めなのかな?


3/31(木) 発売予定
新R&B教室 マイケル・ジャクソンでつながる ソウル/ブギー・ディスク・ガイド 1995-2016
 著者: 林 剛・荘 治虫 /出版社:スペースシャワーネットワーク
 1,728円(税込) / B6判 164ページ


 ▼最強のR&Bジャーナリストコンビが現行R&Bの文脈で語るKING OF POP音盤レビュー
 ▼R&B/ソウルにおけるマイケル・ジャクソンとは何だったのか、何でありつづけるのか?
 ▼各時代のプロデューサー/ソングライターたち,マイケルのカヴァー・サンプリング曲も紹介
 ▼マイケルが好きならこれも聴け!な進化系R&Bを200枚以上選盤


このシリーズのコンピレーションCD(ソニー盤/ユニバーサル盤)も、2枚同時リリース予定。
興味ある御仁は、上の本タイトルのリンクへGO!


この本(CDもかな?)は、
1995~2016年という新しめのR&Bを扱ってるようだけど
個人的には、ブルース時代からマイケルまでの1920~2009年のほうが‥‥

でも、自発的には紐解くことのない事をマイケルきっかけに知れる 良い機会かな♪


ブログ内検索
カウンター
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
2 3 4
5 6 7 8 9 11
12 13 14 16 17 18
19 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Copyright ©   * 戯 * All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]