忍者ブログ
2010.06.06
[ - ]
シャフェル映画をイヤがるのは解るけど
観たことのないマイケルの映像がいくつもあってもイヤなの?

と訊かれのの


あたりまえ


プライベート映像であればあるほど
レア映像であればあるほど
マイケルが当時ヤツを信頼して映させてたんだと思うと

吐き気がする

もしマイケルが
カメラに向かって笑いかけてるショットなどあろうもんなら
映画館から営業妨害で通報される行為に及んでまう
まぢで
ガチで


なのに
公開中止を働きかける行動を起こさないのは

 「とにかくマイケルなら何でもいい」

というと 一部に対しては若干の語弊があるけど
そうした気持ちが全く解らないではないから

今は特にね…

ワタシ自身は死ぬほどイヤだけど
そうした気持ちも尊重しないといけない


そんなふうに
ものわかりが良くならなければ的なことが
この数年ちょいちょいあるせいで
精神的な抑圧がゴツい事になってる…

なかなかツライよね
同志たち☆


でも こんなん書いてたら
いま茂木さんがTVで言ってたけど
哀しみや辛さを溜め込んでいる人は
なにかのキッカケで
それがグンと力に変わる可能性があるって

もう少しだけ辛抱すれば
心に木漏れ陽が射す時がくるかもだよ
PR

<<映画 『THIS IS IT』、再々上映 pt.4 | HOME |試写会ねぇ‥‥>>
<<映画 『THIS IS IT』、再々上映 pt.4 | HOME |試写会ねぇ‥‥>>

忍者ブログ [PR]